商売はお客様との真剣勝負

内外情勢調査会

昨日はお昼に内外情勢調査会に出席。お隣の方と名刺交換をして少し話をさせていただいた。

自分とは全くの異業種で建売を販売されているとのこと。
話をしていると非常に勉強になった。

昔とは違い、ユーザー様がインターネットで家のことを良く調べられており中には建築士よりも知識が豊富とのこと。
又建築する方も昔とは違い検査が厳しく、手抜きすることなどもちろん無いとのことで、
5年以内に建てられた家は阪神淡路大地震のような地震が来ても倒れうるところは1件も無いであろうとのこと。

買い手も昔のような妥協せずに、納得しないと買わないとのことで、買い手も売り手も真剣勝負そのもの。
今の時代は厳しいが、これが正常とも言われていた。
豊中ものづくりフォーラム
晩は「豊中ものづくりフォーラム」に参加。
豊中市で活躍されている企業さんのプレゼンテーションがあり、こちも非常に勉強になりました。

その後の交流会で縫製関係の製作をされている社長様と話をさせていただいた。
海外からの安価な製品が国内に入ってきて非常に厳しく、今はインターネットを活用して、何とか頑張られているとのこと。
インターネットでは売り手側の全く考え付かないことをお客様から要望があるとのことでこの話しは自分も全く同感だった。

ということで昨日は異業種の方とお話しが出来て非常に勉強になった。
建築関係の社長様が言われていたように、今は厳しいけど、それによって品質が向上し、競争によって消費者がお買い求めやすい価格帯になっていい意味での真剣勝負になって、自分は非常に良いことだ感じた。

豊中ものづくりフォーラムの市役所の方とも話をさせていただいたが、

やはり日本のものづくりが発展するには大阪の製造業がもっと元気にならなあきまへん。
先ずは豊中から発信していき、地域の人からは企業名を言うと市民の方は皆知っているといった企業を是非目指していきたいと思う。

よろしければ以下我が社のサイトをご覧ください。

 アジャスターの通販 有限会社日本DSP