自動レベリングユニットやチルローラーなど

今日は祝日であったが、いつもどおり6時に出勤。

午前中はご注文分のキャスターユニットの組立て。

午後からは技術者との打合せ。

重荷重用ストッパーの新設計図について、出来上がった試作品を見ながら今後の方向性やスイング式ストッパーの組立て上の問題点について話し合った。

又新製品の自動レべリングユニットについて、ジャッキで調整した後のアジャスターボルトでのレベリングやジャッキアップの方法などについて、どのように進めていくかなども話した。

又先日取引先から社内の工作機械の配置レイアウトの変更を頻繁に行いたいが、
社内の人間では動かすことが不可のため、業者に依頼されており、費用が掛かって困るという話を聞いており、
それについて技術者に聞いてみると、現在はチルローラーなどで動かしたりしているが、昔はローラーの代わりにパイプを下に敷いてその上に機械を乗せて移動をさせていたという話しなどを聞き、改めて勉強になった。

今問題を抱えられているお客様の解決になるような商品をこれからも開発して、製造業の方のお役に立てるようになっていきたいと思う。

宜しければ下記我が社のサイトをご覧ください。

検査装置のアジャスターとキャスターの切り替えはお任せの
有限会社日本DSP