今日は仕事の話ではありませんが、帰りの電車で駅から乗車すると、床にへたり込んでいる男性が居て、大丈夫かなと思いながら、その人にそばに立ってスマホでニュースを観ていると、その男性が立ち上がったと思ったらしばらくして、直立不動からいきなり前に倒れたのでびっくりした。

倒れた際に、顔を打って、目の上から流血状態で、思わず手を差し伸べて「大丈夫ですか」と声を掛けると意識ははっきりされており、もう一人の男性が、絆創膏を差し出されて助かりました。

その男性がまだふらふら状態だったので、
席を譲ってくれる人を見渡していると若い女性2人組みが、「宜しければどうぞ」と席を譲ってくれました。

その女性2人組が次の駅で、駅員を呼んでくれて、頭を打っているのでその駅で一旦降車される。

本当にやさしい女性2人組だった。

先日も、帰宅途中歩いていると、単車でひっくり返った男性がうめき声を上げながら、倒れていたところに遭遇。

思わず助けにいかなあかんと思い向かうと、
そのときは近くに居た若い男性が、自分より先に到達して、救急車を呼ばれて、その男性を助けた。

最近よくこのような場所に出くわす自分だったが、仕事と一緒で困っている人が居ると、出来る限りのことをして助けたいと思ってしまう。

先日友人が川に溺れている人を助けて表彰されたが、あれば自分に身の危険を感じながら助けたので、感動した。
自分がその場に居たらどのような行動に移すかは、全く分からない。

自分も身の危険を感じながらでも、人を助けられる人間になりたと思います。

宜しければ下記我が社のサイトをご覧ください。

(有)日本DSP