本体とベースが外れる

先日お客様より、ペダルストッパーのクレームで連絡をいただきました。


内容はタイトルに記載されているとおり、天板と本体を止めているC型止め輪が溝から外れることによるものだった。


当社のペダルストッパーは架台などの外側にはみ出したペダルを架台側の中に収納出来るように、本体を回転させるような構造になっている。


その為に、天板と本体をセパレートにする必要があり、各々の部品をC型止め輪で外れないように止めています。


但し、天板と本体のガタがあることによって、架台に取り付けた際にそのことが原因で安定性が悪くなったりしてしまいます。


天板はプレス加工によるので、多少に寸法のばらつきがあり、そのガタを一定にすることは難しく、間にシムリングを入れて調整をしている。


しかし、今回あまりにもガタを少なくしようとした為に、C型止め輪が溝にしっかりと入り込んでいなかったことが原因だった。


過去1度、その時はクレームでは無かったが、同様のことをお客様から聞いたことがあり、それ以外が無く、安心してしまっていた。


今回のクレームのお陰と言っては、今回ご迷惑をお掛けしてお客様には申し訳無いが、今後はこのような失敗を二度と失敗しないように改善していきたいと思います。