低床用キャスターユニット

本日は低床用キャスターユニットのお話しです。


キャスターユニットを取り付けていただく場合、今までキャスターなどを取り付けていただいた場合の全体の高さから比べると100mm程度高くなってしまいます。


100mm高くなってしまうと、今まで手が伸びていた部分が届かなかったりと、色々不便です。


例えば複合機など、全体の高さが高くなることによって、用紙を台に置き難くなったり、家具など一番高い部分に手が届かなくて、物の取り出しが出来ないようになったりなどです。


そのような声があることから、低床用のキャスターユニットとして、ベースの外側に取り付けていたキャスターをベースの内側に取り付けることによって、60mm程度全体の高さを低くすることが出来ました。


その代わり、キャスターが旋回する際に、フレームの部分にキャスターが当たらないように、各々キャスターの位置を内側にする必要があり、バランス的には悪くなってしまいます。


ですので、重量用には難しいと思いますが、軽量の物を乗せる分にはそれほど問題は無いと思います。


この低床用のタイプはまだサイト上にアップしていませんので、全体の高さを低くされたい場合は、私熊代までご相談ください。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。


有限会社日本DSP 熊代


http://www.nihon-dsp.jp